美容部員になる就職活動と採用、仕事

美容部員の就職試験・面接について

多くの化粧品メーカーの美容部員就職試験では、書類選考を通ったら、その後に筆記試験と面接があります。


筆記試験は、新卒の学生には何も専門的なことは出ません。他の職種のような一般常識程度です。かなり倍率の高い化粧品メーカーの美容部員を狙うなら、英語・国語・数学の本当に基本的なことと、あと一般常識の問題集を1冊ぐらいマスターしておけばいいでしょう。


また、性格テストや適性テストの様なものをするところもあります。これはお客様相手の仕事である美容部員に向いているかどうかをチェックする場合が多いようですが、気楽に受けたほうがいいでしょう。


面接では、美容部員になりたい志望動機、いつものお化粧やスキンケアについて、美容についての関心や考えを聞かれることが多いようです。


美容フリーク過ぎる印象、強気過ぎる姿勢はマイナスになります。かといって、あまり自信がないように見えても困ります。美容部員になりたい気持ちや熱意を素直に伝えられればいいでしょう。そして、第一印象のいいことが何より大事です。笑顔で大きな声で明るく対応しましょう。


面接でのお化粧ですが、美容部員希望なのでさすがに素顔のままだとかえってマイナスの印象のようです。うまくお化粧をする必要はないのですが、清潔な薄化粧をしていったほうがいいですね。